コルク佐渡島の好きのおすそわけ -深く感じる文学の嗜み方-

18
記事

自分を変えれるのは、自分だけだ

自分を変えれるのは、自分だけだ。 環境が人を作るという。しかし、その環境を自分のために用意するのも、結局は自分自身だ。 そのことを、実感する出...

500

作家の進化

平野啓一郎の『ある男』が、9月28日、発売になる。 『マチネの終わりに』の発売から、約2年。平野啓一郎が丁寧に紡いだ物語だ。  平野啓一郎とい...

300

絵の具が変えた世界

僕は、今、コンテンツが大きく変化する時代だと感じている。それで先日、著作権の専門家と特に議題を決めずに話し合う時間をとった。その時、「絵の具」...

300

具体→抽象→具体で生まれる物語

今までの編集者の仕事は、作家が物語という「言語コンテンツ」を作るのをサポートすることであった。 世の中は、具体的な出来事に溢れている。その無数...

300

和を以て貴しと為す

僕は、自分の心を知ることにすごく興味がある。 だから、自分のことを把握している人に会うと、なんとなく分かる。そして、その人は、どんな風に思考し...

300

「コミュニティと作る」と「コミュニティになじむ」

僕は、4回、転校している。 幼稚園、小学校、中学1年、中学3年の4回。どれも親の仕事の関係で転校した。 みんなは、お互いをもうよく知っているけど、僕...

300

本を閉じてから始まる物語

先日、ニュースピックスから、文学作品の選書をしてほしいと言われた。 取材相手が期待しているのは、リーダーシップが学べたり、仕事をする気が湧くよ...

300

全体を全体のまま理解する。そして、全体を理解するための日記について。

社会をみて、どのような仕組みで動いているのか、全体的に理解できる人はほとんどいない。だから、学問は細分化する。物理学者は、数式を使って宇宙の始...

300

20秒で結果を出す

『レアルマドリードの流儀』という本の書評を「ナンバー」より依頼された。 レアルはファンコミュニティを圧倒的にうまく管理している。それで、僕に白...

300

あの情熱はどこへいったのか?『ライト マイ ファイア』

伊東潤の新作『ライト マイ ファイア』が毎日新聞出版から発売された。 コルクがどのように関わり、出版社の編集者がどのように関わったのか、を説明...

300