週刊!編集者・佐渡島の『好きのおすそ分け』

1
ノート

人は二度死ぬ

多くの人の例に漏れず、僕も中学生の頃くらいから、死について考えだした。その時に魅了された考えが、「人は二度死ぬ」というものだ。  一度目は、肉...

300