マガジンのカバー画像

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガ… もっと読む
表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、僕が取り組んでいるマンガや小説の編集の裏側、気になる… もっと詳しく
¥800 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

#コルクラボ

ほめるのは相手を下に見ている証拠。 岸見一郎さんに聞く、ほめるから抜け出すヒント

平野啓一郎の分人主義とともに、20代の最後に知り、ぼくの30代の行動を大きく決定づけたも…

500

【マンガ専科本先出しnote】イラストを学ぶために必要なことはセンスではない

前回に続き、「コルクラボマンガ専科」でお伝えをしている講義の内容をお届けします。今回は、…

500

【マンガ専科本先出しnote】絵の上達を図るポイントは「暗記」!

「コルクラボマンガ専科」でお伝えをしている講義の内容をお届けします。前回の「イラストを学…

500

【マンガ専科本先出しnote】おもしろいマンガを描く上で必要な要素とは?

おもしろいマンガに必要な要素とはなんでしょう。すべてのマンガで共通しているのは、たった3…

500

【マンガ専科本先出しnote】おもしろいマンガとは何か?

前回に続き、「コルクラボマンガ専科」でお伝えをしている講義の内容をお届けします。今回は、…

500

その罪悪感、本当に必要ですか? 【恥からはじまる「感情」論考 #2】

怒り、喜び、悲しみ、誇り――。 私たちの行動や思考を、無意識のうちに支配する「感情」。 …

多くの会話は「対話」になっていない。 櫻本真理さんに聞く、問いかける力の大切さ

自分を変えられるのは、自分だけだ。 だが、自分を正しく認識することは、ひとりでは難しい。他者からフィードバックをもらうことで、はじめて自分の盲点に気づくことができる。僕自身、昨年からコーチングを受ける機会を設けているのだが、セッションの度に気づかなかった自分を発見し驚いている。 同時に、僕は編集者として、そして経営者として、作家や社員に気づきを与えられる存在でありたいと思っている。そのため、コーチングの勉強も意識的に行うようになった。 他人に気づきを与えるためには、何が

スキ
129
有料
500

「あいまい」のススメ

多くの人は絶対の中で、生きようとしている。絶対を持つと見かけの強さを手に入れられるからだ…

500

判断保留の態度で、疑問をいかに楽しめるか? 若新雄純さんと手塚マキさんに聞く、社…

編集者にとって欠かせないもの。それは、社会への観察力だ。 起こっている事象から、社会の変…

500

順風満帆なキャリアなんてどこにもない。 川田十夢さんと谷尻誠さんに聞く、世界に繋…

優れている人には、いわゆる天才型と秀才型がいる。 何でもすぐできるようになる天才型タイプ…

500

プロであることが足枷となる時代

「これからの時代に必要とされる能力やスキルは何ですか?」 講演会などに登壇すると、よく聞…

500

メディアが変わると分人が変わる。

短歌と俳句の違いは何か? どちらも5・7・5のリズムで日本語で表現する。でも、短歌と俳句…

500

「つまらない」が実は宝だ!!

編集者は、世間がまだ気づいていない「面白い」を発見する仕事だ。 「面白い」は青い鳥のよう…

500

息子たちよ、とにかく元気に育っておくれ

僕は、比較的、不機嫌にならないほうだ。……と思う。 不機嫌になっている時に自覚的になることは難しいから、僕だけが気づいてない可能性もあるのだけど、たぶん大丈夫だと思う。 ちょっとだけ心配だから、念のために聞くけど、僕は機嫌がいいほうですよね?(異議がある人は、@sadycorkに話しかけて!) でも、眠い時だけはダメだ。体力切れを起こすと、僕はとてつもなく理不尽になってしまう。 子供の人格に影響するのは、環境なのか、遺伝子なのか、ということを前回書いたけれども、もっとも

スキ
71
有料
500