コルク佐渡島の好きのおすそわけ -深く感じる文学の嗜み方-

10
記事

シンプルなものだけが生き残っている

「It’s a piece of cake!」 『宇宙兄弟』に登場する僕の好きなセリフだ。直訳すれば「ケーキひと切れ分」だが、「余裕だよ。楽勝だ!」という慣用句...

500

人生はリセット可能なのかもしれない

人間は生きている限り、自分からは逃れられない。「人生はゲームと違ってリセットできない」とよく言う。 でも、人生をリセットすることが、これからの...

500

編集者は情報のDJであり、ソムリエでもある。

編集者とは、クリエーターをサポートする役割だ。それは、今も昔も変わりがない。 サポートとは、具体的に何を指すのか? シンプルに言うと、作家の価...

500

性格を変えるのが難しくない時代がやってきた

『キズナアイ』というVチューバーを、知っているだろうか。 現在、Youtubeのチャンネル登録者数は250万人規模。リアルなコンサートを実施したり、最近...

500

伝えるために、「頭の中にある世界」の解像度を上げろ。

新人マンガ家と打ち合わせをする時の全てのアドバイスは、あることを目的としている。 作品世界に対する解像度をあげる。その気づきが増えるように、様...

500

そこに想いはあるのか? 拙さの揺さぶる力

僕たちはメッセージを伝える時に、うまく伝えないといけないと思う。 しかし、メッセージが伝わるかどうかは、伝え方のうまさではなく、そこに想いがあ...

500

水をすくうのではなく、水を交換する

新しいコミュニティに参加した時に、あるアドバイスをされた。 「水をすくうのではなく、水を交換する」のだ、と。 シンプルな言葉だけど、この言葉は...

500

みんなが僕に「ケアが足りない」と言う意味が、ようやくわかった。

昔から僕は、「人に対してケアが足りない。佐渡島は人に厳しい」とよく言われる。 でも、僕は僕なりに相手のことを誠実に思い、一生懸命ケアしているつ...

500

企画力よりも大事な「継続力」

編集者という職業にとって、「企画」ほど大事なものはない。 就職してからずっと、企画力をどうやって磨けばいいのかということを考えてきた。もちろん...

500

新しい感情と孤独の関係について、または大人は本当に鈍感なのかについての考察

『WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE』という本を出してから、孤独というものについてより深く考えるようになった。 孤独とは、どういう感情で、どういう時...

500