コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

第四章 勘違いのコミュニケーション

僕たちは生きている中で自分の言葉が相手に通じない経験をたくさんする。それはそこに「ズレ」…

200

愛する人の本当の心を、あなたは知っていますか?

「あなたにとって、愛って何なの?」 平野啓一郎の小説『かたちだけの愛』は、別れた妻が去り…

500

第三章 会話がもたらす孤独

僕たちは生きている中で自分の言葉が相手に通じない経験をたくさんする。それはそこに「ズレ」…

200

第二章 自由度は抽象度

 僕たちは生きている中で自分の言葉が相手に通じない経験をたくさんする。それはそこに「ズレ…

200

第一章 「言葉」という砂上の楼閣

 僕の話を聞いてよくわかるという人と全くわからないという人がいる。同じ話をして、なぜその…

200

"寄り添う"とは、なんなのか。

寄り添うとは、なんなのだろう? どんな状態を指すのか。 小説家の平野啓一郎さんと打ち合わ…

500

チームづくりは、"正反対な二人"から

自分と違うタイプの相手と組むほうが、チームは強くなる。 チームビルディングにおいて、よく…

500

本気の失敗には価値がある ── 宇宙飛行士まであと一歩だった内山崇さんに聞く、届か…

必死になって手を伸ばしていた夢が、永遠に叶わないという事実を突きつけられた時、どうやって…

自分の"編集スタイル"をゼロから見直す。

5月1日と2日、演劇に挑戦してきた。 この白衣の男が、ぼくが演じた教授だ。 「編集者のぼくが…

500