マガジンのカバー画像

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガ… もっと読む
表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、僕が取り組んでいるマンガや小説の編集の裏側、気になる… もっと詳しく
¥800 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

2020年3月の記事一覧

スマホは子育ての神様?

子育てをする上で、神様のように助けてくれる存在は、近くに住む親だ。僕の両親は神戸なので、…

500

【note先出しラジオ】一次情報にあたる大切さ。わかったつもりになってはいけない…

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(16:21)は購入後に視聴できます。

水曜日に公開している僕の『思考note』は、ライターの井手さん(いでっち)に言葉で伝えて、文…

300

”憧れ”ではなく、”参加”を生む物語を

映像の20世紀から、ネットワークの21世紀へ。 情報技術の発展で、「他人の物語」から「自分の…

500

【note先出しラジオ】SNSで話題を呼ぶコンテンツになるには「マネ」しやすさが…

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(06:54)は購入後に視聴できます。

水曜日に公開している僕の『思考note』は、ライターの井手さん(いでっち)に言葉で伝えて、文…

300

人は普遍。環境が変わる。

作家は何のために描くのか?  新人の時は、面白い物語を作りたくて描く。面白い物語を描くこ…

500

【note先出しラジオ】ドラゴン桜2をはじめ、三田さんが面白い作品を書き続けられる理…

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(17:56)は購入後に視聴できます。

水曜日に公開している僕の『思考note』は、ライターの井手さん(いでっち)に言葉で伝えて、文…

300

メディアが変わると分人が変わる。

短歌と俳句の違いは何か? どちらも5・7・5のリズムで日本語で表現する。でも、短歌と俳句というメディアの差で、表現する内容は随分と変わる。その差は、やってみるとわかる。やってない人には、そんな差はないように感じる。 コンテンツは、メディアによって変わる。 SNSをしない人には、ブログはブログ、動画は動画だと思う。しかし、実際に触り出すと、設計者の意図以上にメディアは、個性を持ち出す。メディアごとの特性は、触ってみないとわからない。 はてな、アメブロ、Livedoorブ

スキ
104
有料
500

「つまらない」が実は宝だ!!

編集者は、世間がまだ気づいていない「面白い」を発見する仕事だ。 「面白い」は青い鳥のよう…

500

コルク佐渡島のコンテンツ履歴 (20.02)

僕の読んだ本や、観た映画・ドラマを感想つきで紹介する『コンテンツ履歴』。2月は20冊以上の…

500

息子たちよ、とにかく元気に育っておくれ

僕は、比較的、不機嫌にならないほうだ。……と思う。 不機嫌になっている時に自覚的になるこ…

500