マガジンのカバー画像

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガ… もっと読む
表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、僕が取り組んでいるマンガや小説の編集の裏側、気になる… もっと詳しく
¥800 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

2019年4月の記事一覧

本屋さんだけが知っている、本当のお勧め本  【DJ編集者としての連載 #01】

僕は、編集者という仕事を時代に合う形にアップグレードしたいと思っている。 音楽は、機材の…

自由な働き方はメンタル不調に陥りやすい? 産業医の大室先生と「健全な働き方」につ…

★コルクラボのイベントレポートとなります。 (執筆:代 麻理子 / 写真・編集:井手 桂司) …

500

「異世界転生もの」は未来の生き方の予行練習だ。

作家は「炭鉱のカナリアである」とは、僕の大好きな作家・カート・ヴォネガットが言い出したこ…

500

【ヒットを生み出すぞ! #01】 りさこのルール(つのだふむ著)

これから僕のnoteマガジンでは、SNS時代の新しいマンガ家を目指して、僕と一緒にやっている新…

500

「ヤバい」から「エモい」へ。言葉から浮かび上がる時代の変化

言葉は、集団の無意識が、現実に表出したものだ。ほとんどの流行り言葉は、水泡のようなもので…

500

性格を変えるのが難しくない時代がやってきた

『キズナアイ』というVチューバーを、知っているだろうか。 現在、Youtubeのチャンネル登録者…

500

新入社員だった時の日誌を公開

今日は4月1日。この日を迎えると、最初は誰もが新人だったと思い返す。 コルクでも入社式を開いたが、自分が新社会人として入社式に参加した時はどんな気持ちだったのか、ふと気になった。 僕は2002年に講談社へ新卒で入社したのだけれど、実は当時書いていた日報を捨てずに保管している。そこで、久しぶりに自分の日報を取り出してみた。 何人かで回し読みしていたのだが、僕のnoteの運用を手伝ってくれるメンバーから、「この日報を公開しませんか?」と相談を受けた。『あの人の新人時代』とい

スキ
167
有料
500